ウエスコジャパン各店のスタッフ達が、それぞれの店頭からリアルタイムな情報を発信しています。

2018年2月18日日曜日

My WESCO! "Boss"


ストラップを全て無くしたウエスコ製、エンジニアブーツのボス。オールブラックステッチでさらにシンプル。
ストラップを全て無くしたエンジニアブーツの"Boss"。
ステッチもオールブラックとしさらにシンプルに仕上げられています!
ヒールは積み革を1枚減らして一段低くしたこの仕様がお気に入りで、次回製作予定の"Jobmaster"にも応用するそう。
そのヒールもそろそろ交換時期ですのでタイミングを見計らってまた寄ってくださいね!

WESCO Ebisu 唐澤

2018年2月17日土曜日

-Custom Variation-

Leather / Burgundy Roughout
Height / 8"
Sole / #700 VibramSole
Leather Lining / ----
Thread Color / White & Brown
Lacing / Semi Lace to Toe
Hooks & Eyelets / Yellow(Japan Limited Color)
Others / Bubble Toe , DoubleMidsole , Yellow Leather Laces
バーガンディーレザーをベースに日本限定カラーの"Yellow Eyelets&Hook"へカスタムされた"Jobmaster"。
歴史のあるバブルトゥや#700 VibramSole、ブラウンに着色したエッジなど、一見クラシカルな装いかと思いきや、ハードウエアとレザーレースでアクセントをプラス。
ウエスコブーツの屈強な造りはそのままに、他社では見ることがない個性的なカスタムを取り入れ、実現できるのもウエスコジャパン限定カスタムの大きな魅力です!

《BURG508700 / Size 8EEE》
今回ご紹介したブーツは在庫でもあるので、店頭で手に取って、履いてカスタムの参考にすることも出来れば、サイズが合えばそのままご購入頂くことも可能です。
気になった方はお気軽にお問い合わせください。

《WESCO JAPAN ONLINE SHOP》☞CUSTOM-BUILD
オンラインページでは様々なモデルやカスタムを施したウエスコブーツも掲載しています。それらをベースに、好きなカスタムオプションを加えて自分だけのカスタムブーツが製作できる、【オーダーメイド】という項目も新たに設けられています。
ウエスコでは、サイズも約20cm〜約34cm(日本サイズ)、幅広で甲高な方まで対応しています。

WESCO Osaka 戸髙

2018年2月13日火曜日

Custom Sample "Jobmaster"

レースブーツから"Jobmaster"のカスタムサンプル紹介です!こちらは海外からご来店頂いたお客さんのブーツで見所も満載。既に発送済みでそろそろお手元に届いている頃でしょう。
スリートーンのウエスコ製、ジョブマスター。レザーの選び方やステッチの使い方にも注目。
 ポイントはやはりレザーカラーの組み合わせ。バーガンディー ドメインは表革、バーラップはラフアウト(裏革)、さらにバックステイとループにはブラックをコンビという3トーン!
 サイドから見るとよくわかりますが、アイレット&フックもブラックとし、バックステイとの調和も計られています。加えてヘビーステッチのブラックもお見事です!!
ソールは軽快なラプターソールのホワイト。日本にお越しの際も重宝するソールですので、是非また履いて遊びに寄ってくださいね!

CUSTOM JOBMASTER
Leather / Burgundy Domain & Black & Burlap
               (Quarter & Loop & Gusset: Rough-Out)
Height / 10"
Sole / Raptor White
Leather Lining / ----
Thread Color / Black & Nickel
Lacing / Lace-To-Toe
Hooks & Eyelets / Black
Others / ----

WESCO Ebisu 唐澤

2018年2月11日日曜日

自宅で簡単!ブーツメンテナンス

たまにお問い合わせで「ブーツのケアはどうすればいいのか?」「どの位の頻度でオイルを入れたらいいのか?」など、メンテナンスについての質問をいただくことがあります。
お電話でも詳しくご説明はさせていただいておりますが、やっぱり目で見たほうが分かりやすいと感じたので写真付きでご紹介していきます!
今回はスタッフのブラックレザーのハーネスを用いて進めていきます。
チラっと見えるライニングレザーのカラーはネイビーです。
最初に、ブラシや少し濡らしたウェスなどを使って砂や泥などの大きな汚れは落としてしまいましょう!
次に市販の皮革用クリーナーなど汚れ落とし剤を歯ブラシに付けて、アウトソールのステッチやコバの汚れを落としましょう。
クリーナーをお持ちでない方は空磨きでも隙間に入り込んだ細かい砂や埃は落とせるので余った歯ブラシなどでチャレンジしてみてください。
ステッチが綺麗になるだけで見栄えが全然違いますよ!
次はスポンジやウェスなどにクリーナーを付けて、ヴァンプやシャフトなどの大部分の汚れを落としていきましょう!
革の縫合部分やストラップ裏など、特に細かい部分には歯ブラシなど細かいブラシを用いると効果的です。
スポンジを綺麗な面に持ち替えて、レザーライニングもクリーニングしましょう。
レザーインソールを使用されている方は、同じようにクリーニングされることをお勧めいたします。
ブーツが綺麗になったところでオイルメンテナンスへ移ります!
スポンジやウェスなどに少し”ビーオイル”を含ませます。
ブーツ全体に薄く広く伸ばす感覚でビーオイルを入れていきます。
オイルメンテナンスを行う目安としては、
・革が少しカサついてきた感じがする
・雨や雪などの水分を含んだ後、乾燥して革が固くなった
などを目安に、たま〜にしていただければ充分です。
頻繁にオイルメンテナンスを行ったり、オイルを入れ過ぎたりすると革がブヨブヨになったりベタつきが発生する恐れがあります。
レザーライニングは革の加工上オイルがほとんど入らないのでクリーナーのみでOKです。
更にオイルの持続性や光沢感をプラスさせる為に”ビーシールプラス”を塗っていきます。
ビーシールプラスは半固形タイプのオイルなので手でケアされますと、手の温度でオイルの伸びが良くなります。
こちらも薄く広くの感覚でまんべんなく塗り込んでいきます。
ストラップの裏側やソールとの境目などは指先で塗り込んでみましょう。
最後に、オイル分を馴染ませていくようにブーツ全体をブラッシングして完了です!

今回ご紹介したメンテナンスの手順はあくまでもウエスコジャパンのやり方であって、他にも色々なオイルや仕上げ剤を用いてチャレンジされている方も多くいらっしゃいます。
どのメンテナンスの方法が正しいということはありません。ご自身でメンテナンスをしてみたいけどどうすればいいか分からないと思われた方は、まずこの方法から試してみてください。

今回使用したウエスコのメンテナンスグッズ
BEE OIL
BEE SEAL PLUS

ご自身でメンテナンスをされることによって、ブーツの細かい変化や革の状態にも気付くことができて面白いですよ。
大阪店では毎月の初めの日曜日にメンテナンス講習会を行っておりますので、ブーツをお持ちいただけましたらスタッフと一緒にケアをすることができます。
その様な機会も是非ご利用してくださいね!

WESCO Osaka 太田

2018年2月9日金曜日

My WESCO! "Narrow Wesco Engineer Boots"

2010年限定モデルの初代ナローウエスコエンジニアブーツ。BKFレザーも貴重。

 2010年LIMITED MODELのナローラストを最初に使った"Narrow Wesco Engineer Boots"。
レザーはこちらも現在廃盤のBKFと呼んでいた防火防水レザー。
少しマットな質感も特徴でしたが、履き込むことでこのように自然なツヤ感が現れます!
今回はヒール交換と合わせてソール側面のエッジカラーもブラックへ。
グッと引き締まり、雰囲気もがらりと変わりそうですね!

WESCO Ebisu 唐澤

2018年2月6日火曜日

My WESCO! "Romeo"


履き始めてから半年が経過した僕のROMEO。
三ヶ月前の履き込みの様子はこちらから→My WESCO! "Romeo"
仕事では勿論、バイクや休日のお出掛けでも愛用しているので
更にシワや小傷などが増えワークブーツらしい雰囲気あるブーツへと成長しました!
今オーダーいただきますと、大体6月頭から中頃にはお渡しできる予定です。
暑い夏場に過ごしやすいローカットブーツを履き始めるには最適な時期ですので
ご検討中の方は是非参考にしてみてください。

WESCO Osaka 太田

2018年2月5日月曜日

My WESCO! "Boss"

昨日、毎月第一日曜日にWESCO JAPANで行なっている"Maintenance Day/Wesco Boots"にご参加頂いたお客さんの足元を撮らせて頂きました!
ブーツの納品から1年と3ヶ月ほど履き込まれた"Boss"。
単色でのラフアウトツートーンやレザーカラーを2色で使い分けて構成するツートーンは今や日本でも定番化しつつある中、こちらの"Boss"はスリートーンで製作。
ヴァンプにはブラックペブル(型押しレザー)を、シャフトには惜しくも昨年廃盤となってしまったブラウンドメイン、そしてつま先部分のトゥキャップと踵には7ozの肉厚なブラックカウハイド。
どのように仕様を決めたのかカスタム内容をお伺いすると、、、
まず、足を通した時の履きやすさや歩きやすさを考慮してシャフト部分には油分を多く含み、履き込む毎に吸い付くような履き心地が得られるドメインレザー、ダメージを受けやすいつま先と踵には7ozと肉厚なオイルドブラックカウハイド、そして一際独特な表情を魅せるヴァンプ部分にはエンボス加工を施したことで撥水効果も兼ね備えたブラックペブルレザー。
日々、バイクに乗るお客さんからすれば、正にすべて理に適ったカスタムと言えますね!

WESCO Osaka 戸髙

2018年2月3日土曜日

ブリタンハーネス!

ウエスコ恵比寿店にも新色ブリティッシュ・タン・ドマーネ、略してブリタンレザーを使ったカスタムサンプルが到着しました!こちらの"Harness"はラフアウトツートーンとなっており、表革も裏革も比較しながらご覧頂けます。色味としてはブラウンとバーラップの中間といったところ。なかなか言葉でお伝えするのも難しい絶妙な風合いのレザーですので実際に手に取って感じてみてください!

WESCO Ebisu 唐澤

2018年2月1日木曜日

LIVE

昨日のお休みは中学生の頃から憧れるアーティストの待ちに待ったライブへ友人と足を運んできました!恵比寿店は水曜日が定休日ですので、土日メインのライブにはなかなか行けません。そんな中やっと押さえた貴重な日程、世間はちょうど皆既月食で注目の夜。
ライブはもちろん大興奮、ツアーTシャツ購入も抜かり無く。会場では茨城からいつも通って頂いている常連さんともばったり。他にも同世代でお好きな方も多いと思いますのでお店でもゆっくりお話しましょう!
 ブーツは何を履いていくか数日前から悩みましたがホールド感抜群な10"インチハイトの"Jobmaster"で正解でした。最前列でも安心の安定感!!

と僕が履いて行ったのはブラウンレザーの"Jobmaster"ですが、ブラウン系の新しいレザーもラインナップに加わったところ。経年変化も含め、個人的にも気になっています!
ブリティッシュ・タン・ドマーネ。こちらでも詳しく紹介されていますので是非ご覧になってみてください。

WESCO Ebisu 唐澤

2018年1月31日水曜日

Custom Sample "Jobmaster"

先日納品させていただきましたお客様のJobmasterのご紹介です!
”ブリティッシュ・タン・ドマーネ”レザーがラインナップに加わってから早々にオーダーいただきました。
同じ革質の”ブラック・タイ・ドメインレザー”とのツートーンです。
ドメインレザーと染め方の違いから、”ドマーネ”と呼称されています。
ハイトは8インチハイトでレーシングパターンはホールド感の高いLace to Toe。
足先の形状はバブルトゥでソールはVibram#430のダブルミッドソール仕様です。
今のところクラシカルな仕様のカスタムとなっていますが、アクセントにライトウェイトステッチを”シューレッド”としたことでモダンな印象もプラス。
赤・黒・茶ともに相性の良いカラーなので全体的なまとまりもとれていますね!
ブリタンの履き込みサンプルはまだありませんが、同じ革質のブラック・タイ・ドメインレザーやバーガンディドメインレザーはドレープ感のある上品なシワが入っているブーツが多いのでこれからの変化がとても楽しみです!
現在”ブリティッシュ・タン・ドマーネ”レザーで新たなカスタムブーツをお考えの方は是非参考にしていただければ幸いです。
店頭には、先日紹介したブリタンのカスタムサンプル(BOSS・JOBMASTER・HARNESS・ROBERTWILLIAM)が揃っているのでご来店お待ちしております!

Wesco Osaka 太田

2018年1月30日火曜日

My WESCO! "J.H.Classics"


スレートレザー(グレー)を使ったウエスコ製、JH。レザートゥキャップに#100ハニーソール。
廃盤スレートレザー(グレー)を使用した今では貴重な"J.H.Classics"。
ハーフミッドソールを選択したことで軽量且つ、しなやかな屈曲性も得ています!
しかし無い物ねだり、次回はダブルミッドにてソール交換を検討中とのこと。
完成してから色々試せるのもWESCOブーツの面白いところですね!!

WESCO Ebisu 唐澤

2018年1月29日月曜日

Custom Sample "Warren"

レースブーツから、"Warren"(ウォーレン)のカスタムサンプルを紹介します!

ウエスコのレースブーツ"Warren"(ウォーレン)のカスタムサンプル。

レザーは撥水性に優れ馴染みもよく、シワなど革の表情が出やすいブラックタイ・ドメインを使用。10インチあるスタンダードハイトとの組み合わせは、身体と一体になるような履き心地を楽しんでいただけます。


アウトソールはビブラム#700ソールとし、ヒールは1リフト低く設定。つま先部分はレザートゥキャップで十二分な厚みを持たせながらも、芯材の入らないソフトトゥの組み合わせにより柔和な印象に仕上がりました。

ウエスコのレースブーツ"Warren"(ウォーレン)のカスタムサンプル。

また、通常は備わる後部プルストラップとフックを無くしたデザインや、日本限定シャンパン・ピンクカラーのアイレットにカスタムされている所も美点となります。


こちらのウォーレンは、大阪店スタッフがオーダーしたブーツですので持ち出してなければ店頭でもご覧頂けます。是非活用してください!

 CUSTOM WARREN
Leather/ Black Tie Domain
Height/ 10" Height
Sole/ #700 Vibram Sole
Eyelets/ C.Pink
Thread Color/White & Brown
Toe/ Round Toe
Other/ Heels 1 Lift Lower, Leather Toe Cap, Soft Toe, No Back Pull Loop, All Eyelet

WESCO Osaka西家

2018年1月28日日曜日

My WESCO! "Morrison"

昨日納品させていただきましたご夫婦のCustom Morrisonの紹介です!


とても仲の良いご夫婦で服はブランドとディティールが少し異なるだけでほぼペアルック。
そんなご夫婦が一緒に選んだモデルは"Morrison"です!
スクエア型の足先やハーネスストラップが付いている為、パッと見たらハーネスモデルと思いきやシャフトの形状に注目してください。
ウエスコのプルオンブーツのモデルはシャフトの形状で決まる為、今回のカスタムの場合ベースモデルは"Morrison"となります。
仕様を考えている間は「革は茶色がいいね」「シャフトの形状はこれがかわいい」「つま先の形が珍しい」などお二人でしっかり話し合いながら意見がまとまりました。
一時アメリカでも流行ったスクエアトゥタイプのウエスタンブーツの様なデザインで、男性はかっこ良く、女性はかわいらしく履きこなせるブーツに。
「やっぱりこの形にしてよかったね!」と、ご夫婦共にとても気に入っていただくことができました。
今後お二人のブーツがどのように成長していくのかとても楽しみです!

Wesco Osaka 太田

2018年1月27日土曜日

Custom Sample "Jobmaster"

レースブーツから、ジョブマスターのカスタムサンプルを紹介します!


レザーは、スタンダードブラックのラフアウト2トーン仕様。レザーらしい銀面を好みながらカウンターは傷に強いラフアウトと、機能も考えられたカスタムとなっています。


ハイトはやや高めの12インチに、レーシングパターンは最もつま先までレースのあるLace to Toeをチョイス。内羽式(アイレットが付く部位のレザーが、つま先のレザーの内側に入る構造の事)による強いフィット感とロングハイトによる組み合わせは、身体と一体になるような履き味を好まれる方にオススメです。


そして、個人的に印象深く感じたのは全体のカラーリングです。アイレット&フックとレースはレザーに合わせてブラックに。その分、カスタムされたステッチカラーがとても際立っています。手軽に交換できるレースは、こちらのナイロンブラックとレザーのネイビーを用意しました。


その他、ソールは通称”ミニビブラム”でお馴染みビブラム#430。プルストラップとトップフェイシングもラフアウトにされている点も拘りを感じます!是非参考にしてください。


CUSTOM JOBMASTER
Leather/ Black (C+Pull Straps+Top Facing=Rough Out)
Height/ 12"
Lacing Pattern/ Lace to Toe 
Sole/ #430 Vibram
Leather Lining/ -
Eyelets&Hooks/ Black
Thread Color/ King Blue&Nickel
Others/ Black Nylon Laces

WESCO Osaka西家