ウエスコジャパン各店のスタッフ達が、それぞれの店頭からリアルタイムな情報を発信しています。

2017年1月31日火曜日

My WESCO! "Boss"

納品から2年で1回目のヒール交換となったお客様のBossをパシャリ!

WESCO Osaka西家

『Lewis Leathers』アーカイブ写真集入荷のお知らせ!

世界的な革ジャンブランド『ルイス・レザーズ』のオーナーで世界ナンバー1のコレクターでもある"デレク・ハリス"と、古着ファッション研究の第一人者と して知られる田中凛太朗がタッグを組んだ、同社初の写真集が入荷しました!写真点数はなんと1600点を超えており、どれもスーパーレアなアイテムばか り。246頁オールカラーで圧巻の内容です。
初回限定本はWESCO JAPAN大阪、恵比寿、世田谷各店ならびに弊社オンラインショップでお買い求めください。💻オンラインショップで見る

「Lewis Leathers」Wings, Wheels and Rock 'n' Roll Vol.1
本文:246頁(オールカラー・ハイレゾ283線印刷)
言語:英語/日本語併記
著者:田中凛太朗
サイズ:256 x 256mm(SP盤サイズ)
定価:6,900円(7,452円)


WESCO Osaka西家

2017年1月30日月曜日

『Lightning』 3月号本日発売!

先日WESCO恵比寿店でも取材があったLightning3月号が本日発売です!
特集はズバリ"Best of TOKYO SHOPS"。山手線エリアを中心にファッション、カフェ、インテリアなどのお店を紹介するライトニング流東京ガイドとなっています。東京在住の方はもちろん、東京へ遊びに来る方にとっても見逃せないお店ばかりです!是非ご覧ください。

WESCO Ebisu 唐澤

2017年1月29日日曜日

My WESCO! "J.H.Classics"


ウエスコ製、ローカットモデルのJHクラシックス。レザートゥキャップがポイント。
こちらは"Boss"のソール交換持ち込み風景。
程よく履き込まれたリニューアル前の"J.H.Classics"でご来店頂きました!
レザートゥキャップにプラチナカラーのトップフェイシング。
これから"J.H.Classics"をオーダーされる方にも参考になるカスタム満載です!!

WESCO Ebisu 唐澤

2017年1月27日金曜日

Custom Sample "Jobmaster"

本日より新たなJobmasterを履き始めました!新品の何ともいえない感覚を感じながらいつも通り主なスペックとカスタムを紹介します。
履き口までの高さは10インチハイト、レザーは肉厚なブラックカウハイドレザー、耐久性と屈曲性も良好なビブラム#100ソールなど、機能に関してはスタンダード仕様のジョブマスターとなります。
そして今回好んで取り入れたカスタムは、ネイビー色をアクセントとしたレギュラーステッチと、レザーレース。また、モダンな雰囲気を狙い茶系パーツを無くした全体の色使いもポイントです。
個人的に気に入っているトップフェイシングのカラー変更は、ニッケルカラーのアイレット&ホックと同調を。さらに、先日ご紹介したソフトトゥも取り入れてみました!
STYLE BK210100
Leather/ Black
Lacing Pattern / Regular Toe
Leather Lining/ -
Height/ 10"
Sole/ #100 Vibram
Eyelet&Hooks/ Nickel
Thread Color/ White&Navy
Others/ Slate Top Facing, Soft Toe, Navy Leather Laces
履いてみると、やはり本格的な仕様を取り入れているだけあって新品では足が曲げれないほど。。。ウエスコブーツが初めての方だとビックリされる瞬間ですね!
WESCO Osaka西家

My WESCO! "Boss" CH

クロムハーツ×ウエスコのボス。バーラップレザーが新鮮。

クロムハーツファンの間でとても有名なお客さん。
サンプルだった"Boss"を手に入れたということで今夜行われているレセプションパーティー前に寄って頂きました!
黒のイメージが強いブランドですが、レザーカラーが変わることでまた違った魅力が涌いてきますね!!

WESCO Ebisu 唐澤

2017年1月26日木曜日

My WESCO! "Boss"

13"インチハイトのウエスコ、ボス。ロングハイトにロングストラップ、3本ストラップも女性的。

 本日はブーツの入荷日ということで早速"Boss"のお受け取り。
当初は9"ハイトぐらいのショートエンジニアブーツでお考えでしたが、店頭にある13"ハイトを試着したところこの丈で即決!
男性とは違う決断力に驚かさせられた日を思い出しました。
パーツ選びも女性らしいですね!

WESCO Ebisu 唐澤

2017年1月25日水曜日

『My WESCO!』 episode 010

Tさん / 溶接士 / 41歳

「今では手放せない存在です。」



「ウエスコとの出会いは今から大体17年くらい前で、当時よく行っていたお店の店員さんが履いていたんです。初めて目にした時は、その存在感に衝撃を受けましたね。」

そう語ってくれたTさんは現在、Bossを2足とJobmaster、Lynch Model 1st & 2ndと今では5足を所有するウエスコファンの一人で、ファッションやその日の気分に合わせてローテーションで履き替えているといいます。普段はタウンユースでの着用がメインということもあり、お越しいただく際はどのブーツも綺麗な状態が維持されています。

この日は、その中でも一番の古株、"Boss"でご来店。
こちらの"Boss"は、永く履かれていて革やインソールの状態が気になるとのことで履いてきてくれました。

「このブーツは今年で10年目に突入しました。長い期間履いてきたから、その分愛着も強い。普段、メンテナンスが必要なほど履かないから、たまにこうやってプロに見てもらうのが一番。そこで知れる事も多くあるしね。今日は10年経ってもリペアを一回もやってないから逆に不安で。僕は仕事柄ブーツが履けないので履くとしても通勤の時や休みの日に履くことが多い。だから、よく履く人より革が馴染むのにも時間が掛かる。履き始めの頃なんてカウハイド(牛革)のヘビーさにかなり苦労させられたからシャフトの履き口には今でも痛みに耐えた勲章?みたいなのが残ってるんですよ。」


当時からタフなブーツは欲しかったが、なかなか巡り会えなかったと話すTさん。

「20代の頃、よく行っていたお店でウエスコを見かけるようになったんですけど、実際に履いてみないと"ウエスコの良さ"みたいなものはわからないと思ったんで、試しに何足かオーダーしたんです。当時はまだウエスコジャパンが設立される前なんで、そのお店には数足しかサンプルがなくってサイズも大体これくらいかな?って感じで選んだんです。」

3ヶ月後、オーダーされたブーツが届き、しばらく履いていると革の馴染みによるサイズ感に悩まされたといいます。

「そもそも自分の足のサイズもはっきり分からない状態でオーダーをしたので仕方がないですよね。でも、これがいい経験になりました。サイズが合っていないブーツは本当に履きづらくて、ただただストレスになるっていうこと。」

泣く泣く、その時にオーダーされたブーツ数足は友人の方などに譲ったりで手放されたそうです。


そんな日からしばらく経ち、出張で地方を訪れるようになったのをきっかけにウエスコ熱が再燃したそうで全国の取り扱い店へ足を運ぶことが多くなったようです。

「北は北海道から南は北九州まで。出張先で時間がある時はウエスコを置いてそうなお店にちょくちょく足を運びました。それぞれの店舗で見たウエスコのカスタムブーツはどれも刺激を受けました。スタッフさんと会話をすることで今まで知らなかった知識を養うこともできましたし。そのおかげで今では好きになりすぎて拘りも強くなってますしね。」


そして、この日は昨年の6月に郵送での納品となった"Jobmasater"も見ることができました。
僕自身、実際に履いたところを拝見したのはこの日が初めてでしたが、「これにして良かったよ」と嬉しいお言葉を頂きました。ありがとうございました!

「かなり気に入ってますよ、この"Jobmaster"は。サイズ計測もメジャーや計測器を使って細かく見てもらった甲斐あって、足にストレスがないバッチリな履き心地。人それぞれ好みもあると思うけど、僕にはベストなサイズです。こんな機会をもらったから言うけど、自分のサイズが明確に分かったのもウエスコジャパンで測ってもらってからなんですよ。ここに辿り着くまであまりにも時間が掛かり過ぎましたね。このブーツは適度にカスタマイズしたのがポイントになっていて、ウエスコ=無骨な印象が強いのでブラックカウハイドのラフアウトをバックにシルバー&ホワイトの配色を施しました。アイレットとフックのカラーは最後までブラックか悩んだよね。けど、打ち合わせの末に決めたシルバーにして大正解!」

どれも自分の好みを反映させられるウエスコだからこそのカスタムかもしれませんね!

「僕は、頭で考えるカスタムはやっぱり限度があるような気がするんですよね。でも、こうやって自分の"想像"でしかなかったものが形として出来上がる。誰かと仕様が似ていても思いつき、考えたのは自分。そこに悔いみたいなものはないし、今ではどのウエスコブーツも手放せない存在です。」


最後に、次に欲しいブーツがあれば教えてください。

「ズバリ、計画中という新しいLynch Modelですかね。Lynch Silversmithさんとはかれこれ16年くらいの付き合いで仲良くして頂いているんです。今までコラボレーションしたモデルも全部購入していて、男なら誰しも憧れるようなタフでカッコイイウエスコブーツにLynchならではの重厚感あるシルバーのカスタム。僕にとってこれ以上ない贅沢な楽しみですね。」


※お客様とウエスコブーツとの様々なエピソードを、この『My WESCO!』ページで特集していきます。購入に至るまでの過程や実際に履き始めてからの様子など、ウエスコブーツ1足1足にまつわる歴史や想いを、是非店頭でお聞かせください。

WESCO Osaka 戸髙

2017年1月23日月曜日

My WESCO! "Warren"

今までPackerをベースにRound Toe(Bossの木型)への変更はカスタムでしたが、昨年末から一つのモデルへ生まれ変わりました。 そこで本日は、今シーズン履き込んでいる僕のWarrenを紹介します。
ソフトトゥを採用したウエスコブーツの紹介。
詳しい仕様はこちらで紹介しましたので是非ご覧になっていただくとして、今回はたびたびお問い合わせをいただく、"ソフト・トゥ"についてです。選択肢としてご存知の方も多いかと思いますが、いまいち選べる理由がハッキリしていないというお声を頂いております。
ソフトトゥを採用したウエスコブーツの紹介。
先ず、ウエスコの殆どのモデルではつま先に強化プラスチックが、2枚重なる肉厚なレザーと合わさり装着されています。さらに、そこから作業用途等に合わせてSteel(鉄)やComposite(感電防止材)などの強化トゥ、ファッション要素もあるレザートゥキャップ などのパーツを装着する事も可能です。
ソフトトゥを採用したウエスコブーツの紹介。
そしてソフト・トゥとは、それらの補強材をなにも入れないという選択です。ロガー用ブーツ"TIMBER"ではスタンダードで、丸太の上をスムーズに移動できることに重きをおき、少しでも自然な接地感を持たせ危険な環境でも素早く仕事をこなすために考案された一つの仕様なのです。

と、バイカーやタウンユースにはあまりピンとこない話題のようですが、ローシルエットとレザーのみの自然な履きジワがその意味とはまた違った魅力があります。雰囲気あるビンテージブーツでも見かけますのでファッションとして取り入れるのも良いですね!

WESCO Osaka西家

2017年1月22日日曜日

My WESCO! "Jobmaster"

ブラウン&バーラップを使用したツートーンジョブマスター。ウエスコならではなカスタム。

 WESCO大阪店にて3〜4年前にご注文頂きバイクでもガンガン履いているという"Jobmaster"。
本日は東京へ遊びに来たついでに恵比寿店へもご来店頂きました。
ブラウン&バーラップのツートーンだけでもオリジナリティーの高いカスタムですが、裾をめくると個性的な7"インチハイトに、履き口に見えるブラウンのレザーライニングも装備とさらなる拘りが!
次は"Boss"を狙っているとのことでそちらの仕様も非常に楽しみです!!

WESCO Ebisu 唐澤

2017年1月21日土曜日

Custom Sample "Jobmaster"

クォーター(足首部分)のみカスタムレザーを取り入れるご注文となったJobmaster。ウエスコの中ではハードでもソフトでもない履き心地となり人気仕様の一つとなっていますので改めて紹介します!
基本仕様は8ハイトにレーシングパターンはLace to Toe。ソールはビブラム#100ソールのブラック仕上げと、ウエスコらしいヘビーな雰囲気が伝わっています。
そんな重厚さを残しながらスタイリッシュ且つ、ややライトな履き心地になるようにとセレクトされたのはクォーターのみドメインレザーとしたカスタム。油分を多く含んだブラックタイドメインレザーは抜群なしなやかさと、深い光沢が独特な同色2トーンとなっておりオーナーの拘りが感じますね!
仕上げは、ニッケルカラーとしたアイレット&ホックと、ブラックレギュラーステッチで締まりのある表情に。ミディアムともいえる履き心地も含め、"これくらいのが欲しかった"と喜んでいただきました!
ウエスコジャパン直営各店では、様々なモデルや仕様を経験したスタッフによるアドバイスのもとカスタムオーダーのご注文を頂けます。是非ご来店いただきイメージをお聞かせください。

STYLE BKBT108100
Leather/ V+C+BS+G=BK, Q=BT Domain
Lacing Pattern / Lace to Toe
Leather Lining/ -
Height/ 8"
Sole/ #100 Vibram
Eyelet&Hooks/ Nickel
Thread Color/ White&Black
Others/ Bubble Toe, Black Laces

WESCO JAPANオンラインショップでは、すぐにご購入頂ける在庫ブーツをご覧頂けます。なお、ご希望サイズが無い場合でも1足から注文頂けるメーカーですのでお気軽にお問い合わせください。(一部の商品、仕様を除く。)

💻オンラインショップをみる

WESCO Osaka西家

2017年1月20日金曜日

Work Shop 『My WESCO!』
メンテナンス講習会のお知らせ

今週末は、今月2回目となるメンテナンス講習会をWESCO JAPANショールームにて行ないます!

年末年始履き込まれた方や、出先で雨に降られてケアをまだ施していないという方など。WESCO JAPANのスタッフと一緒に、愛用しているウエスコブーツをケアしてみませんか?

当日は、経年変化によって色が薄くなっていたエッジ(ソール側面)の再染色なども無料で対応します。(希望があればご自身で染色の体験もできます。)
その他にも、普段あまりメンテナンスを行っていないという方や、この方法で合っているのか分からないという方もレザーの種類に合わせたケア方法をお伝えしています。

是非、皆さまお誘い合わせのうえお気軽にご参加ください。

日時:1月22日(日) 午前11時〜20時
参加費:無料
駐車場:あり(※満車の場合はお近くのコインパーキングをご利用下さい)
場所:WESCO JAPAN大阪 TEL:06-6783-6888
   大阪府東大阪市高井田西1−1−17 💻 地図を見る

※上記営業時間中であれば、いつお越し頂いても構いません。ご不明な点などあれば、お気軽にご質問下さい。

WESCO Osaka 戸髙

2017年1月19日木曜日

Lightning 取材!

毎号アメカジを中心に様々な話題の提供やライフスタイルを提案するファッション雑誌『Lightning』の取材が本日行われ、WESCO恵比寿店も次号で紹介されることに。気になる次の特集も少し話を聞いただけですが興味深いものばかりでした。お楽しみに!

WESCO Ebisu 唐澤

2017年1月18日水曜日

『My WESCO!』 episode 009

Oさん / 技術職 / 27歳

「ずっと履いときたいブーツです!」


'81 Harley Davidson FXS × Boss

Oさんがウエスコを知ったのには周りにいる人たちの存在や影響が大きかったといいます。

「普段、一緒に走る人たちの足元がほとんどウエスコのブーツだったので、"自分も履いてみたい"と思うまでにそんなに時間はかからなかったですね。」


そんなOさんのウエスコブーツへの"興味"はある出来事をきっかけに"興味"から"必要なもの"へと心変わりしていきます。

「先輩や身近な人がバイクで事故に遭い、入院したことがあるんです。でも、みんな不思議と足は無傷だったり、軽傷なんです。事故当時の所有物を見せてもらうと、そこにはウエスコのブーツがありました。その時に"このブーツを履いていたから軽傷で済んだんだ!"と気づきました。改めて安全性や安心感ていうのはとても心強いものなんだなぁと思い、不謹慎かもしれませんがそこで自分自身学ぶことができて、ブーツに対する気持ちが大きく変わった瞬間でもありました。」


そして、この日はWESCO大阪で定期的に行なっているメンテナンス講習会へご参加いただきました。ありがとうございました!

「基本履く専門なんでメンテなんてほとんどしないし、こういう機会があるのはとても嬉しいです!ずっと参加したかったんですけど、なかなか都合が合わなくて来れなかったんで。永く履きたいなら普段からのメンテも必要不可欠ですよね!」


ところで、今履いている"Boss"には昨年廃盤が決定したレッドレザーが使われていますね!

「そうなんです!レッドレザーが廃盤になると聞いたので買うなら今しかないと思ったんです。赤を選んだ理由は昔から好きな色だったから。前からオーダーするならこの色と決めていました。自分のラッキーカラーみたいなもんですかね。見ての通り結構足元目立つんで話の種にもなってくれます。(笑)」

もうすぐ、履き始めてから1年が経とうとしています。
改めてOさんがこだわったカスタムやブーツの履き心地などを聞かせてください。

「こだわったカスタムは、トップストラップをダブルにして最長の3"インチロングにしたり、迫力のあるルックスにしたかったのでダブルミッドの100番ソールを選んだ所ですかね。このブーツが届いてからは、完全にウエスコへシフトされましたね。仕事中以外で履かない日はなくて、なんならずっと履いときたいブーツです!」


今後、履いてみたいウエスコブーツはありますか?

「今はジョブマスターが気になってますね。紐靴だと履き心地も"Boss"とはまた違うフィット感を味わえると思うので。赤のレザーがまだ少し残ってるって聞いたんで、もちろん次も赤で。(笑)」


※お客様とウエスコブーツとの様々なエピソードを、この『My WESCO!』ページで特集していきます。購入に至るまでの過程や実際に履き始めてからの様子など、ウエスコブーツ1足1足にまつわる歴史や想いを、是非店頭でお聞かせください。

WESCO Osaka 戸髙

2017年1月17日火曜日

Custom Sample "Robert William"

しかし寒い日が続きますね。とは言え、現在ブーツをご注文頂くと仕上がりは春先。ということでここのところローカットモデルのお問い合わせが非常に多いです。なかでも大注目は"Robert William"ではないでしょうか!今回は個性的なカスタムサンプルをご紹介します。
まずはシボ感が特徴的なペブルレザーを使用、さらにはラウアウト(裏革)ツートーンとしています。これはパンチングのあるパーツを表革とし、メダリオンがより立体的に際立つよう計算された組み合わせなんです!
そして随所に使われたネイビーパーツもオリジナリティを高めています!つま先の形はシャープなMP Toe、ミッドソールもハーフとした綺麗なシルエットはドレスとしての要素も充分に兼ね備えています。
耐久性や防水性はWESCOブーツそのもの!雨の日も雪の日も気にせずガンガン履き込めるのはやはり魅力ですね!!

CUSTOM ROBERT WILLIAM
Leather / Black Pebble
               (Vamp & Quarter : Rough-Out)
Sole / #430 VIBRAM
Leather Lining / Navy
Thread Color / Black & Navy
Eyelets / Navy
Others / MP Toe, Half Midsole, Medallion

WESCO Ebisu 唐澤

2017年1月16日月曜日

My WESCO! "Boss&Harness&Highliner"

今や、ウエスコジャパン限定のカスタムパーツを加えると、より一層カスタムバリエーションの幅も広くなり、"自分の好みをそのまま形にできる"という魅力も兼ね備えるワークブーツメーカー、ウエスコ。
先日、愛媛よりお越しのお客さんたちは見事に個性豊かな彩りの足元で登場されました!

それぞれ、年数はそれほど経っていないとのことでしたが、主な着用シーンはバイク。
納得の経年変化ですね!


WESCO Osaka 戸髙