ウエスコジャパン各店のスタッフ達が、それぞれの店頭からリアルタイムな情報を発信しています。

2017年3月4日土曜日

『My WESCO!』 episode 011

Hさん / 製造業 / 34歳

「ファッション的要素も取り入れて、自分らしく。」


Boss / 着用期間 9ヶ月

バイク雑誌をきっかけにウエスコの存在を知ったというHさん。
何度か目にする内に段々興味が湧いてきて「いつかは欲しいな」という思いが生まれたそうです。

「始まりは雑誌だったんですけど、最終的に僕の背中を押してくれたのは、キャノンボールに参加している『Team 80』の木村さんや新美さんなんです。確かレースで履いていたモデルはハイライナーベースだったと思うんですけど、あんな過酷な環境下に晒されてもオーナーの足元をしっかり守り続けてくれるブーツって凄いなって。Jam'z Garageの新美さんとは立ち上げ当初からバイクのことで凄くお世話になっていて普段から仲良くして頂いているんです。新美さんが作業の時に履いてる"Boss"もかなり履き込まれていてあれを見たときは本当に衝撃を受けました。ウエスコは造りが丈夫な上に"自分に合ったカスタム"ができるっていうのも"自分だけのウエスコブーツ"っていう感じで特別感があるし、とても魅力的だと思います。僕の気持ちがウエスコへ向いたのはそんな人との繋がりがあったからこそなんです。やっぱりリアルに履いている人の意見があると全然違いますしね。」

メンテナンス&ケアに持ち込まれたウエスコブーツ

この日は、WESCO大阪で定期的に行なっているメンテナンス講習会にご参加頂きました。ありがとうございました!

「ずっと来たくって、やっと参加することができました。仕様によってそれぞれケア方法も変わるみたいなので、今日は表革と裏革のブーツを持ってきました。僕が普段やってる主なメンテナンスは、中に溜まった湿気を取り除く為に中敷きを抜いて通気を良くして汗を吸ったインソールが乾くまで他のブーツに履き替えるのが一番いいサイクルだと思っていました。でも細かい部分まで話を聞くと実際はもっと自分の家でも出来ることがあって今日は凄くいい勉強になったし、得した気分です!」


普段、愛用しているモノを実際に自分の手でケアを施すと今まで以上に愛着も増しますよね!

「車とかバイクとか日頃のメンテナンスが必要不可欠なように、ブーツも一緒っていうことですね。定期的に点検したり、ホコリで汚れたらキレイにしたり、オイルを入れたり。僕にとっては相棒みたいな存在なのでどれも怠りたくなくて、"いつまでも状態の良さを保ちたい"だからこそこの講習会に参加したかったんです。メンテナンスの手順や必要なオイルの量とかもよく分からなかったですし。ここまで綺麗になると、また履き込もう!っていう気持ちにもなりますね。このイベントに参加しないと使う機会がないような道具やケア方法も教えてもらえたので参加してよかったと思います!機会があれば、また参加したいです!」


ドメインレザーで組み合わされたこちらの"Jobmaster"はWESCO恵比寿店でオーダーされ、今ではレースアップブーツならではのホールド感やドメインレザーだからこそ叶えられた足に吸い付く感じが履く度に病み付きになってきているそうです。

「人生で一番最初にオーダーしたウエスコブーツです。タイミング的にはちょうどドメインレザーのオーダーがスタートした頃だったと思います。1足目はツートーンにしたいっていう想いがあったので、恵比寿店のスタッフさんに色々相談しながらカスタムしました。想像してたよりも本当にカッコイイ仕上がりで大満足です!自分のライフスタイルに合う一足になりました。サイズはやや大きめを選んだんですけど、ハイトが10インチあるので足との一体感も抜群にいいですね!この"Jobmaster"は、1足目ということもあって一番思い入れが強いかもしれないです。初めてウエスコを履く人にはドメインレザーはかなりオススメですよ!」


そして数年が経ち、新たな履き心地を求めて2足目に選んだのは主にバイクや仕事用にと決めていた"Boss"をカスタムオーダー。スタンダードの7ozブラックカウハイドをオールラフアウトで切り返し、全体的に引き締まった表情を見せる"Boss"。紐靴とは違い、履き始めは少し苦労されたんだとか。

「今思えば新品は革が全然馴染んでないからなんでしょうね。筒の部分がスネに当たって特に痛かった記憶があります。でも、1〜2週間もすれば革も足の動きにどんどん馴染んでくれて、それからは今日までずっと最高の履き心地です!スタッフさんのアドバイスもあってサイズを少しタイトにしたんですけど、読み通りしっかり革が馴染んだ"今"まさにベストなサイズ感になりました!」


この日は、お仕事の都合で先日郵送にて納品となった"Packer"を履いてご来店。
鮮やかなオリーブカラーと軽快でファッショナブルな印象を与えるハニーソールが特徴的な"Packer"。着用シーンはバイクでも仕事でもない今度はタウンユースがメイン。ベースモデルを変え、そこに自分が気に入ったカスタムを加えていく。今はどのモデルもそれぞれのデザインや履き心地を楽しまれている様子。

Jobmaster / 着用期間 2年半

「前まではワーク寄りに思えたブーツメーカーだったんですけど、ウエスコジャパンの限定カスタムを含めると凄くカスタムの幅が広くなっているので、今ではそのラインナップの中からどうやってファッション的要素も取り入れて自分らしく個性を出せるかが"今"ウエスコを選ぶ理由になっているのかもしれません。」

※お客様とウエスコブーツとの様々なエピソードを、この『My WESCO!』ページで特集していきます。購入に至るまでの過程や実際に履き始めてからの様子など、ウエスコブーツ1足1足にまつわる歴史や想いを、是非店頭でお聞かせください。

WESCO Osaka 戸髙

0 件のコメント:

コメントを投稿