ウエスコジャパン各店のスタッフ達が、それぞれの店頭からリアルタイムな情報を発信しています。

2017年8月16日水曜日

『My WESCO!』 episode 013

Rさん / 飲食店勤務 / 25歳

「人と違うものが履きたかったんです。」



今から約6年前に手に入れたレッドウッドレザーの"Jobmaster"。
十分な履き込み期間と着用頻度の多さがもたらした、これこそウエスコブーツの真骨頂といった感じでしょうか。経年変化によって全体的に色味も落ち着いてきた今が一番好きと話してくれたRさん。ウエスコを選んだ理由に挙げられたのはRさんの拘りや周りの人の影響が大きかったといいます。


「一番は旦那さんの影響が大きかったですね。お仕事以外では毎日ブーツを履く人なのでそれを見ているうちに自然と。"買うなら永く履けて自分で育てる楽しみがあるブーツがいいと思うよ"の一言で購入を決めました。これなら普段のファッションにも取り入れやすいし、履けば履くほど履きやすくなるっていうのはワークブーツに履き慣れない女性の立場からするとなかなか想像できない部分ではあるんですけど、実際履いてみるとその意味がよーく理解できました。やっぱりしっかりしたブーツは1足あるといいですね。」


そして、もう一つの理由として答えてくれたのは、、、。

「単純に人と違うものが履きたかったんです。当時、私の周りにはまだ履いている人が居なかったのでそれなら自分がしっかり履き込んでみようって。履き始めはやっぱり慣れないからか重く感じたりはしていました。でも、それと同時に他のブーツより"守られている感"が強く感じたんです。今では革も馴染んで自分好みのサイズ感になってくれて、一心同体な感じです!とはいえ、ここまでの変化があるなんて正直予想もしてなくて、今回スタッフさんに声をかけてもらってこういう形で特集を組んで頂けて本当に嬉しく思います!」



Rさんは、今回紹介した"Jobmaster"以外にもWESCO JAPAN正規ディーラーでもあるEMPTY GARAGEさんで約3年前に購入したという"Boss"も1足所有されています。

これもまた"Jobmaster"とは一線を画す、大人な雰囲気漂う落ち着いたトーンでカスタムされていて、そちらは今後のMy WESCO!カテゴリーの中でご紹介できればと思います!


最後に「今、気になっているウエスコブーツはありますか?」という質問にRさんは、

「ROMEOは気になっていますね。スリッポンタイプっていうところが特に惹かれます。
今まで履いてきたモデルとはまた違った"楽さ"が目に見えて分かりますし。(笑)
ファッション的な幅も凄く広がると思うので、近い将来履いてみたい1足ですね!」


※お客様とウエスコブーツとの様々なエピソードを、この『My WESCO!』ページで特集していきます。購入に至るまでの過程や実際に履き始めてからの様子など、ウエスコブーツ1足1足にまつわる歴史や想いを、是非店頭でお聞かせください。

WESCO Osaka 戸髙

0 件のコメント:

コメントを投稿